INTERVIEW.03

ハイクオリティの

追求を目指せる

最先端を感じる環境

T.I 2018年新卒入社

所属:株式会社Johnny's Factory
株式会社LAZARUSのCAD/CAMを一手に担う、併設の企業

目で見て肌で感じた
最先端な環境

学生時代に、いろんなラボの見学に伺う貴重な機会がありました。その当時伺ったラボ内での作製手法も、学校で習っていたことの大半も、手で作業を行う技術に関することがメインでした。でも、入社したジョニーズファクトリーでは、見学時に真逆のインパクトを受けたことを覚えています。豊富な設備に新しい技術の導入。元々デジタル分野にも興味をもっていたのですが、実際に触れることのできる機会もなかったので、説明を受けただけでも単純に最先端を感じることができました。そこから、新しい技術にもふれ合うことのできる環境への憧れが膨らみ、入社することになりました。

プロ意識の高さを感じる
妥協なき姿勢

入社してすぐに感じたことは、各々が担当するすべてのものに対して、クオリティーの高さを追求する、社内全体に漂うプロ意識の高さです。もちろん仲間になった自分も同様で、先輩に指導を受ける部分の大半が、精度に関するものになります。厳しい評価をされることもありますが、新人でも気軽に質問や相談をできる環境は整っています。
教育制度とたくさんの指導のおかげで、業務全般の知識と技術をある程度身につけることが出来ました。これからは先輩たちを見習って、それぞれの知識と技術の深堀りに努めていきたいと思っています。また、社内全体で挨拶を大切にしています。来社いただいたお客様に対しても、もちろん社内の仲間にも、挨拶が飛び交う環境は、元気をもらえるし、相談などでみんなに声掛けしやすい雰囲気に繋がっていると感じています。

責任をもって
成長していきたい

歯の本数が増えた際の、支台歯への適合調整や個々に合わせた顎関係に対してのデザインなど、まだまだ伸ばさないといけない部分がたくさんあります。入社後に参加させてもらった勉強会で、面識のない方に声をかけていただいたことがありました。会社の認知度の高さを改めて感じた瞬間であったと同時に、会社の名前に恥じないためにも、自分が作ったもので患者様により高い満足度を届けるためにも、成長の必要性を感じました。いずれは、完成まで責任をもって管理している先輩のような存在になるために、ひとつずつですが、着実にステップアップを図っていきます。そして「入社したい」の決め手となった、業界の最先端に興味を持ち続けるというところも、大切にしていきたいと思います。

MESSAGE

どの業界においても言えることですが、これからどんどん機械化や自動化が進み、ますます便利になっていくと思います。未来に向けて、最先端に触れつつも、これまでの技術を継承することを大事にするという想いを持ちつつ、さらに活躍の幅を広げた自分を目指します。自分のように、想いを大切にできる居場所がきっと見つかります。まずは、目で見て、実際の雰囲気を感じることが出逢いのスタートだと思います。